教育理念

校 訓

フ トウ フ クツ
不撓不屈

(困難にあっても決してくじけないこと。)
 「岐阜農林高等学校」の創立者荒川まん先生の揚げた「至誠、敬愛、自律、勤勉、協力」の校訓と、「明るく、清く、凛々しい」建学の精神を教育の目標とする。


教 育 方 針

生徒の一人一人に対する信頼と愛情に基づき、次の三点を常にふまえた教育実践に 努める。
また、規律と協調性ある生活を通して、自立と連帯の意識を高め、不屈でたくましく 生きる心豊かな個性の伸張に努める。


学力の向上に努める(基礎学力の充実)
生徒の実体に即して学習指導法を改善し、基礎的基本的な教育内容を定着させると共に、一人一人の学力の向上に努める。

専門教育の充実に努める(実験実習の充実)

専門教科における実験・実習を重視し、科学的要素と技術の習得を図るとともに、望ましい勤労観と実践力を持った産業人の育成に努める。

主体性の育成と健康の増進に努める(特別活動の充実)

特別活動を通して、明朗で活動力に満ちた人づくりとともに、健康と安全に関する自己管理の能力を培うことに努める。


▲このページのトップへ

校  歌

文学博士 佐々木信綱 作詩
1.瑞穂は栄ゆる美濃平野
  林相富める飛騨の深山
  伊吹おろしに眉あげて
  意気も熾んに伸びゆくわれら
  ああ山川の豊けき国に
     岐阜農林の誉れを増さん
2.湧きたつ希望もすこやかに
  大地の愛を堅くたもち
  常に世紀の峰にたち
  われら生みだすあらたなる力
  ああ創造の誓も高き
     岐阜農林の誉れを増さん
3.まことのいのちは美はしく
  風薫る野の土と燃えて
  強く明るき伝統の
  旗をかざしていそしむわれら
  ああ校風の正しき享けて
     岐阜農林の誉れを増さん

▲このページのトップへ

風景写真


〜母校風景写真紹介〜




全 景



イチョウ(加納校舎より移植)



案 内 板



厩 舎



温 室





鐘 楼 (大地の響き)と壁画



二宮尊徳像

▲このページのトップへ

Copyright (C) 2006 by 岐阜県立岐阜農林高等学校同窓会